コラム日記

2021-09-24 11:49:00

食事の話、カロリーとか糖質とかプロテインとか気になる方へ

Eat

昨今のワークアウトブームにより

女性でもプロテインを摂ることが主流になってきているようです。

CMでも「まだ摂ってないの?」的なやつ見かけますね。

 

 

いまだに糖質制限もブームだし、

一方ではヴィーガンや玄米菜食もブームな気がする。

 

私もマクロビオティックをお伝えする立場にいるので、

基本的には玄米菜食をベースにするお話をします。

 

ただこれはあくまでベースの話であり

別にお肉やお魚など動物性タンパク質が「悪」というわけではないです。

お砂糖と乳製品は可能な限り避けた方がいいですけどね。

 

マクロビオティックって食べてはいけないものはないのですよ。

とはいえ偏りや摂り過ぎを改善することは大切です。

 

「自分に必要なものを必要なだけ食べ、バランスを取る。

どんなものを食べても排出できるカラダづくりをする。」

というとてもシンプルなものです。

それは当然ですが人によって違う

 

 

これはとても大切でマクロビオティックの本質とも言えること。

 

自分が主体であり「自分に必要なものを見つける」という

「自分の感性を磨くワーク」が日々のマクロの食事の中に込められているのです。

 

本来のマクロビオティックは自分との向き合いであり、気づきであり、そして成長をするためのもの。

長生きするためのただの健康的な食事法ではないのです。

 

だからやり方だけに捉われた「ココロ抜き」のマクロビオティックはどこかに支障をきたすと私は思っています。

 

話を戻すと、今の栄養学ではカロリーや栄養素がベースとなっていますが

私が感じるのはやはりとても時代遅れだなということです。

これだけ時代が進んでいるのにずっと同じことを繰り返している。

 

戦後に入ってきた西洋栄養学からあまりアップデートがされていない。

 

カロリーも栄養素も人が違えば吸収率が違う。

 

そういう観点が根本的に抜けていると思うのです。

 

ストレスが強く胃腸が弱っている方なら

栄養もカロリーも吸収率が低くなる可能性が高いだろうし

そういう方には玄米や食物繊維の多い野菜は消化に負担がかかり過ぎる。

 

いっぺんとうに数値なんかじゃ測れない。

顔色はどうなのか、肌のツヤがどうなのか、声のハリはどうなのか?

カラダ、ココロ、波動は健康なのか?

そういうところをチェックしていく必要がある。

 

そこに必要なのは体感センサーです。

 

私は昨年ヨガインストラクター資格を取得するため1日に何時間もヨガのプラクティスをしていた時期がありました。

この期間はふだんはあまり欲しない魚やお肉が無性に食べたくなりました。

いわゆる動物性タンパク質です。

 

これはとても自然な食欲のような気がしました。

とはいえ、食べすぎるとカラダが重くなり翌日のプラクティスがまたしんどくなる。

プラクティスの量が減ると別に欲しなくなる。

 

こういう感覚が大切なのだなーと、体感で経験しました。

 

カロリーとか栄養素とか情報を入れて頭で考えることが悪いとは思いません。

体感だけで食欲をコントロールするのってある程度練習と経験が必要だと思うので。

とは言え情報や数値だけで捉えるのはあまりにも人間的ではない気がします。

 

せっかく体感センサーというものがあるので、そこを磨く練習を。

 

1日3食食べないといけない。

朝食は食べた方がいい。

そんなことはないです。

人によって生活スタイルも何もかも違うんだから。

 

情報だけでなく自分に何が必要なのか?

体感センサーを働かせてみてください。

最初は分からなくても、意識をそこに置けば誰でも分かるようになります。

 

お腹が空いたらゆっくりよく噛んで食べる。

これは万人におすすめの食事法です。

 

 

【お知らせ】

11月よりhaleplus式ウェルネスライフをテーマにしたオンラインコミュニティをスタートします。

講座、WS、ヨガのクラスをサブスクリプション/単発受講のカタチでお届けします。

ライブはもちろんアーカイブ視聴も可能になります。

 

・陰陽五行
・二十四節気
・発酵文化など日本の伝統食
・プチ断食
・ヨガ、ヨガ哲学
・マクロビオティック
・宇宙生理学(潜在意識の活かし方など)
・自然療法
・オーガニックコスメ、、、など

 

さまざまな観点をミックスしボディ・マインド・波動を調整する方法などをお伝えしていきます。

 

また詳細決まり次第お伝えします!!

 

 

サロンInstagram

個人Instagram

最新の予約状況

 

メニュー・料金

35歳から本気ではじめるオンラインヨガ

haleplus式ウェルネスライフ公式LINEアカウント